笑いで免疫力アップ!!

こんにちは(^◇^)

 

今日はとても良いお天気ですね(*^-^*)

ポカポカ陽気で外で楽しく過ごしたいけど

今は少し辛抱ですね。。。

 

でもお散歩やジョギングなど身体を動かすことは

良いとされています。

 

人との距離をしっかり取っていれば

外出もOKだそうですよ!

自粛と言っても家に閉じこもるという意味ではないと

言われています。

適度な運動も必要ですもんね。

 

さて今日も身体を元気にしてくれることを書いていきますね!

 

今日は笑いが免疫力アップ!!について

こんな時に?って感じですが笑う事って本当に大切だと思います。

 

笑うことによって、神経伝達物質のセロトニンが放出されます。

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ

これが不足すると、うつ病やパニック障害などの疾患を引き起こしやすいと言われています。

 

笑いは免疫力も高めてくれます。

癌細胞は正常な人でも毎日3000~5000個生まれているそうですが

これを免疫細胞の1つNK(ナチュラルキラー)細胞が

癌細胞やウイルス感染細胞に直接働きかけて破壊してくれます。

そして「幸せだな~」と感じるとドーパミンやベータエンドロフィンなどが生まれ

NK細胞にシャワーのように降り注ぎNK細胞を活性化してくれるのです。

この幸せだな~と感じる事が笑いにつながってきます。

 

癌の人や心臓病の人に漫才や新喜劇を見せて大笑いしてもらって

その直前、直後で採血してNK細胞の活性度を調べたら

笑う前にNK細胞の活性の数値が低かった人は、すべて正常範囲までアップしていたそうです。

 

この結果からも笑いは癌に対する抵抗力を高め

免疫機能を正常化させることが分かります。

そして笑いには薬ではありえない即効性があることが分かりますね。

更に笑いは無料で免疫を高めてくれるので

是非、日常に取り入れて欲しいですね(*^-^*)

 

ではどのように笑えばよいか?

それは大きな笑いであればOKだそうです!

それが作り笑いでもーーーーー!!

 

そして遺伝子レベルでも

笑いは健康遺伝子の発現を促し

活性化させていく具体的な刺激の筆頭とされています。

 

遺伝子発現や免疫力増強効果は

笑ったときに使う顔の筋肉運動で発揮されるそうですよ。

筋肉が動く事で熱が発せられて

この熱が血液を動かす力となって血液を活性化させる。

 

口を大きく開けて笑った後は顔がほのかに赤かったり

汗ばんでいたりしますよね。

そして目はキラキラと輝いている!

これらは血流の回復によって起こった変化です。

笑いの多い生活の人は低体温の人は少ないとも言われています。

 

それとは逆に笑いの少ない人や絶望の淵に立たされている人は

血流が途絶え、身体が冷え切っています。

顔の筋肉も硬く強張っています。

私は仕事柄

顔の筋肉も触る事が多いのですが

お客様の8割くらいのかたが顔の筋肉が硬く硬直してしまっています。

 

こうなってくると笑いたくても笑えないですね…💦

 

でも無理やりにでも笑顔を作って笑うことで

血流は動き出して青白かった顔が赤みが差してきます。

 

笑うことで血流も良くなり

低体温も改善し

免疫力もあがります!!

これって凄くないですかーーーーー!!

お金も要らない

笑いが本物になれば楽しい

即効性もある!!

良い事ばっかりですね~

 

こんな時ですが

いやいやこんな時だからこそ

日々笑う習慣を付けてみてはいかがでしょうか?

 

今日は笑いで免疫力アップ!について書いてみました(*^-^*)

 

整体について詳しくはこちらから

お問い合わせはこちらから

 

資料:笑いはストレスや血糖値に聞く?医師が教えてくれた免疫力を上げる笑い方/石原亜香利

参考書:免疫道場 安保徹+鬼木豊