家でも簡単にできる身体の温め方!!

こんにちは(^◇^)

今日は本当に良い天気ですね~。

コロナの事を考えないととっても良い天気の休日

でも今はいろんな制限もあり

みなさんだんだんとストレスが溜まり出し

コロナとは違う病気になってしまいそうな感じも受けてしまいます。

 

でもこんな時でも今しかできないことはいっぱいあります。

私はいままでできなかった身体の事についていろいろと深めています。

今は免疫についていろいろと勉強しているので

このブログに書かせていただいてます。

それが少しでも皆様のお役に立てばと思ってます(*^-^*)

 

今日は先日の続きで

身体を温めて血液をサラサラにする。

と言うところで

家でも簡単にできる身体の温め方について書いていきたいと思います!

 

先日も書きましたが

低体温を改善していくのにみなさんが一番やりやすいのは

自宅のお風呂で半身浴をしていただくことです。

38℃~39℃ぐらいのお湯をみぞおちのあたりまではり

40分~60分ほどゆっくりとお風呂につかります。

肩が冷えるので首から下はタオルをかけておくと良いと思います。

本を読んでも良いですし

何か考えたりするにはお風呂は絶好の場所だと私は思います(*^-^*)

 

お湯に入って最初に出てくるのが汗腺からの汗

これはほとんど水分でサラサラしています。

そして更に温め続けると皮脂腺が活発になり出てくる脂を含んだ汗です。

 

この中に細胞内に蓄積された毒素が出てきます。

重金属、砒素、水銀、ダイオキシンなどの化学物質や活性酸素の有害物質

 

このような毒素が排泄されることで細胞はイキイキと活性化して

自ら発熱し

熱を保持する力もよみがえってくるのです。

 

それと身体に適度な熱ストレスを与えることで

それに対抗するヒートショックプロテインと呼ばれる新しいたんぱく質の産生が高まり

免疫力の増強が促されるとも言われているそうです。

 

また半身浴以外にも

普通のサウナではなく低温サウナや岩盤浴も良いそうです。

 

近くに施設があれば2週間に1回とか通ってみるのも良いですね。

今はコロナの影響でちょっと難しいので頭の片隅にでも置いておいてください。

 

その他はドライヤーで背中やお腹を温めるのも良いそうです。

 

冷え性になると

身体は「足寒頭熱」の状態になり

(健康のキーワードとも言われる身体の良い状態はこの逆の「頭寒足熱」)

頭に血液が滞り頭痛やめまい、肩こりの症状が起こり

下腹部の循環も悪いので生理不順や便秘、腰痛といった症状がでてきます。

 

身体の芯から温まりしっかりと汗を出すことで

免疫力もあがり病気になりにくくなったり

花粉症などの症状も軽くなる場合もあるそうです。

 

身体が冷えているというのはこんなにも悪影響を及ぼしているのですね。

私は仕事柄お客様の症状をお聞きしますが

ほとんどの方が冷え性です!!

 

これを解消するだけでも肩こり腰痛の痛みが軽減するかもしれませんね!

 

外的には筋肉をゆるめて血液循環を良くすることがとても大切だと思っている私ですが

それに加えて身体をしっかりと温めていくことで

更に身体の中の体液が巡って健康な身体作りができたら良いな!と

私も改めて感じました。

 

みなさんも出来るところからやってみてはいかがですか?

 

今日は家でも簡単にできる身体の温め方について書いてみました(*^-^*)

 

参考書:免疫道場 安保徹+鬼木豊

 

整体について詳しくはこちらから

お問い合わせはこちらから