人の暖かさに触れる

昨日は私の両親と主人と4人で、晩御飯を食べに大阪まで出ました。
魚介類が中心のどばた焼でけっこう美味しかったですアップ

話も食事も進み父は楽しかったのかビールをいつもより多く飲んでました。(母は密かにもうやめておき!と止めてました)

そして家へ帰る途中、最寄り駅に着いて電車を降りて歩いていると、父が気分が悪いと倒れ込んでしまいまいた。

母は駅員さんを呼びに行き、私は父を1人で支えていたのですが(主人はトイレに行ってました)

すれ違う男性が大丈夫ですか?
肩を貸しましょうか?
と二人声をかけて下さり、ずっと見守ってくださってました。

何人かの人は、声には出さずとも、ずっと見守ってくださってました。

そうこうしていると、駅員さんが車椅子を持ってきて下さりました。
見守っていてくださった方にお礼を言うと、
いえいえ。
とおっしゃり気持ちよい笑顔で立ち去られました。

父は駅員室で横になり、暫く休ませてもらうと随分元気になりました。

この事で私は

人の暖かさ

を見に染みて感じました。

主人もとっても心配してくれて、父に変わって実家の犬の散歩に行ってくれたり、優しい、温もりを感じました。

今回は父のお酒の飲みすぎで、色んな方にご迷惑をおかけしてしまいました。
自分の体調を知り、自己管理することはとても大切なことですね。

でもこの事で、私は大きな大きな何者にも変えられない、

人の真の心の暖かさ。

を知る事が出来ました。

通りすがり皆様、駅員様。
そして主人に感謝致します。
有り難うございました。

父は今日は元気に、いま犬の散歩に出掛けました。
何事もなくひと安心です。

皆様もこれから飲み会が増える時期になると思いますが、体調管理には気をつけて下さいねドキドキ

—–