この13年間の思い

こんばんはラブラブ

直子ですニコ

先日のコンテストで

お伝えしきれなかったこと

これから少しずつ

お伝えさせてください

私と主人が結婚して16年

結婚して3年目ぐらいの時に

主人がうつ病になり

私もパニック障害になってしまいました

何故私がパニック障害になってしまったか

というと

私は主人と結婚したことで

この先は養ってもらえる

この先の私の生活は安心~~

とかなり主人に依存をしていました

でも主人が病気になり

1年経ち

2年経ち

3年経っても

いっこうに良くならない主人の病状を

目の当たりにして

だんだんと不安が募り

この先どうやって生活していったら

良いのか分からなくなり

私はパニックを起こしてしまいました

そんな中でも私は

主人に良くなってもらたくて

本当に色んなところに行きました

カウンセリングも何軒も行きました

私達の病気を治してください

どうしたら主人の病気は治るの

お願いだから誰か教えて

助けて

ってすがるような思いでした

でも何処のカウンセリングに行っても

話を聞いてくれるだけで

私はどうすれば良いの

と言う疑問がいつも残ります

先生によったら

離婚って言う選択肢もあると言われて

すごいショックを受けて

病状が悪化したこともありました

なかなか身近の人にも

わかってもらえず

カウンセラーと同じ意見の方も多く

何で…

何でそんなこと言うの…

ってとっても悲しかったです

でも今思えば

私達の事を思っての事だったと

思います

このままでは二人とも

精神的にも

肉体的にもつぶれてしまう

と思ってくださったのだと

私の中でも

主人との離婚は

考えた事が無いとは言いませんが

それはただ今の辛い状況から逃れたい

と思うがゆえの考えで

本心はお別れすると言う選択肢は

私にはありませんでした

その後加速するかのように

二人の病状は悪化していきました

私は日常生活をこなすのが辛くなり

主人と二人で

私の実家にお世話になり始めました

このときが一番辛かった

この先の事を考えると

すごい恐怖が襲ってきて

自分ではどうにも出来ず

気付けば泣き叫び

気が狂ったように

パニックを起こしてました

次第に私は

私がここに居るから

みんなしんどいんだ…

主人の病気が治らないのは

私が病気だから…

全部自分が悪い

私なんて生きている意味がない…

消えたい

死にたい…

誰かがため息や暗い顔をしたとたん

私のせいだ…

私が病気だからだ…

と今思えばすごい状況でした

通っていた精神科の先生も

離婚を進めてくる

病気を治そうとしてくれているはずの

先生が

主人に責任転嫁しているように思えて

病院に行くのが億劫になってました

よい病院って

本当に少ないな…って

そのころ感じてました

でも今思えば

先生や病院に

依存してたのかもしれません

病院に行っていれば

病気を治してもらえる

先生の言う通りにしていたら治る

と思ってました

でも違うんですよね

病気を治すのは自分自身です

自分自身の治りたい

絶対に良くなりたい

と言う意思が無いと

なかなか慢性的な病気は

良くならないように

私は思います

先生や薬は

病状を軽くしてくれます

そこから這い上がって完治させるのは

やっぱり自分自身の

強い覚悟が必要だと思います

私もそう思えたとき

劇的に

病状が良くなりました

今日はこのへんで~~照れ

先日いただいたお花を

昨日アレンジしました~~ラブラブ

久しぶりにお花とふれあえて

心が和みました~~

お花の香りだーいすき

Naoko


—–