ピアニストの身体に負担がかかりにくい弾き方パート①

ピアニストさんに多い症状

 

肩がこる

腕が痛い、疲れる

指が痛い

肩甲骨辺りが痛い

腰が痛い

 

などの症状が多いのではないでしょうか?

 

まずこれはピアノを弾く姿勢に問題がある場合もあります!

 

自分のピアノを弾いている姿を

姿見で見たことはありますか?

 

猫背になっていませんか?

前かがみの姿勢になってませんか?

 

ではなぜ猫背になったり、前かがみになってしまうのか?

 

まず座り方です

これは椅子に座るお仕事の方も一緒ですが

座骨で座っていますか?

①骨盤を立てて座骨で座り座骨から頭までが一直線に座る

(背骨はゆるやかなS字を描く)

 

 

そして次に椅子の高さを調整する

椅子の高さを調整せず座っている方も多いようです

椅子の高さを決める目安は

②座った時に膝が90°になるように椅子の高さを調整する

 

最後は肘の高さです

鍵盤を弾くときの肘の高さが

③これも90°になるように調整する

 

この3つを調整してピアノを弾く事によって

いろんな所負担がかからなくなります

 

猫背や前かがみになる事で起こる

首や肩への負担

背中や腰への負担

目の負担

(顔が前を向いていると必要以上に目の移動が要らなくなる)

腕や、指への負担

など

 

姿勢だけでも

辛い症状が緩和されます

 

 

これは先ほどもお伝えしましたが

座り仕事の方も同じです

 

デスクと椅子の高さを調整する事と

骨盤を立てて座骨で座り頭まで一直線で座る事

 

 

これだけで随分と肩こり、腰痛が軽減されてきます!

そして姿勢を正すだけでもダイエット効果が期待されます(^^♪

 

日々の生活の環境を整える事が

根本改善や痛みや病気の予防になります!

 

是非一度お試しくださいね ^^) 

 

 

次回はピアニストの為の身体に負担がかかりにくい弾き方パート②をお届けします(^^)

 

整体について詳しくはこちらから

お問い合わせご予約はこちらから

 

各種関節痛、肩こり、腰痛、慢性痛改善

女性専用★完全個室★女性整体師

高槻☆整体☆グランツ