食事の時に食べ物に意識を置く

さてさて今日は食事の時の意識のお話。

食事の時に食べ物に意識を置きゆっくり
五感を使って観察しながら(味や形、舌触り等)
食べることで唾液が出てきます。

唾液が出ると副交感神経が働き
リラックスでき疲れが取れるそうです。

さらに目を瞑って意識を深めると
五感がフル活動し、唾液の量も増え
とっても精神的に良いそうです合格

こうやって今起こっていることだけに意識を
置く訓練をすることで、過去や見えない未来に
不安を抱く事が段々無くなります。

いままで生きてきた癖を、一度崩し
今を感じ、五感を使って、子供のように
楽しめる事を増やすことにより
未来も変わってくるそうです。

自分が目指す未来への道のりに
変わっていくと言うことですね~音譜

コツコツと少しずつでも続けることで
未来は開けていくでしょうラブラブ

—–