左肩のこりの改善方法自分を好きになること

肩がこる人は
胃が弱っている場合がよくあります。

胃に特に影響を与えるストレスは
環境の変化です。

胃を傷める暴飲暴食などは
あまりしないのに
左肩がいつもこっているあなたは

人見知りしやすくありませんか?

食べ物の好き嫌いも他の人より多少多い
かもしれませんね。
もし、あなたがそういう人であったとしたら...

左肩のこりに悩まされにくくなるには
自分自身を好きになる事

好き嫌いの多い人というのは
自分の中にも嫌いな部分を
沢山持っている人が多いのです。

「人は鏡」といわれるように
自分の短所を意識する傾向が強い人は
他人の嫌なところ(短所)も沢山見えてしまう傾向にあります。

思い当たることはないですか?

もし、あなたがそうだとしたら... 

自分自身を好きになる事で
左の肩こりから解放されます。

では
どうやったら自分を好きになれるか?

ですが....

ここではひとつだけ
自分の価値観だけに囚われない事

自分の価値観だけで
「これは良い、これは悪い」
と判断してしまうと

「狭い範囲(視野)での好き嫌い」
に終始してしまいます。

出来るだけ客観的に物事を見る
練習をすると良いと思います。

例えば

「私はこう思うけど、○○さんならどう思うかな?」

というような感じです。
その上で

自分の性格を客観的に見る事

です。

そうすると今まで見えなかったものが
見えてくるかもしれません。

次にやることは

「当たり前」と思わない事

人には

自分が出来る事は
当たり前として目に入らず
出来ない事ばかりが見える
という傾向があります。

この傾向は日本人には
特に多いような気がします。
誉められて育つ人が
意外と少ないからかもしれませんね。

大部分の人はしかられて育ちます。
日本人はず~っと昔からそうやって育て
育てられて来たんだと思います。

ですから、なかなかいいとこが見えないのでしょう。

それで
私はこれができない、ここが足らない

ばっかりになってしまいます。
そうなると他人の事も

あの人はここが足らない、ここが気にくわない

に、なってしまいます。

ですから

当たり前と思わない事が大事

になります。

逆に言うと

「当たり前と思う事」は感謝の心が足りない

ということになるんです。

当たり前の反対は感謝

例えば
五体満足な人は
普通に歩けたり、物が見えたり
聞こえたり、話したり、臭いが嗅げたり
を、当たり前のように思っていますね?

だから、そのことについて特に感謝することは少な

でも体の不自由な人にとっては
それが普通に出来る事が当たり前ではありません。

であれば、それらのことが普通に
出来る事を
もっと感謝したほうがいいのではないでしょうか。

皆さんが「普通」と思っていることが
「普通ではない」ことが
世の中には山ほどあります。
 
それと同じように、性格でも
「自分では当たり前」と思ってる事が
他人には「あの人すごいよね」
と思われてる事があるかもしれません。

他人から見たら
「優しくて思いやりがある」
という風に見えていても

自分では
「臆病で気が弱い」
と感じているかもしれません。

そういう人は

人に優しくするのは努力せずにできるから

できて当たり前

と考えるんでしょうか?

努力して、または頑張って出来ることだけがすごい事

と思うんでしょうか?

実際には

元々恵まれたもの

持って生まれた物

努力しないでもできることが素晴らしい

ということが一杯あるのに
どうしてみんなそれを見ようと

認めようとしないんでしょうか?

そうやって考えるとどうでしょう?

皆さんの中にも良いところが一杯ある

のではないですか?

そんな風に物事や自分の性格を
見る事ができたら

自分の事を今よりも好きになれる

と思いませんか?

そうすれば

他人の事で良い事も見え出す

と思います

そうしたら人や物の好き嫌いも
減るんじゃないでしょうか?

人や物、物事に
また環境の変化があっても

自分を好きな人は
いつも快適な気分で過ごしています。

快適な人生を送っている人は
環境の変化などがあったとしても
そのことに過敏に反応しなくなり
慣れるのも早くなり

胃の不調にも悩まされる事が少なくなります。

すると胃と繋がった左側の筋肉の緊張が起こりにくくなるので

左の肩がこる事が少なくなります。

みんなが

自分の良いところを見つける事が出来て

他人の良いところもよく見えるようになって

自分が好き

あの人も好き

になれたら

左肩がこる人はいなくなるでしょう。

人見知りの人は
感受性が豊かなことが多いようです。

今まで知り合った人の中でも
人見知りの傾向がある人の方が
後から仲良くなる事が多かったような気がします。 

では、そうやって気持ちの面で

自分を好きになれたとしても

以前自分を嫌いだった時に起こった

体の反応があります。

この反応は

例え過去に起こった反応であったとしても

放っておいて自然になくなる反応ではありません。

その反応とは

ストレスによる「筋肉のロック(拘縮)」

これはミオンパシーで
改善できます

グランツで
根本改善しませんか?

いぎあすてーしょん本店HPから抜粋

—–