アロマテラピー

アロマテラピーには2種類あり
1つは花やハーブの香りの効能でリラックスするイギリス式アロマテラピー

もう1つはフランス式のメディカルアロマテラピーです。
メディカルアロマは香りだけではなく
精油の力で病気になる前の不調な体のケアや代替医療として用いられます。

有名な話ですが

アロマテラピーは、フランスの化学者が実験中に火傷をした際、ラベンダーの精油を用いたことから生まれました。
この療法がメディカルアロマテラピーの起源です。

さらに精油を植物油で希釈してマッサージする方法が編み出され、癒しやストレス解消を目的とするアロマテラピーが提唱されました。

これがイギリスに伝わりましたが、医療としては認められずリラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着しました。

特に日本はフランス式はとても少なく、マッサージや癒しがアロマテラピーの代名詞になっています。

今日はアロマテラピーの二つの種類についてでしたラブラブ

また機会をつくって、アロマについて
書いていけたらと思てます音譜チョキ

良かったら見に来てくださいね~ラブラブ

Android携帯からの投稿—–